<< 『スペース』 | main | 『劇団AUN版 有馬の家のじごろう』 >>

新たな局面を恐れない理由

 慌ただしかった日々も、一段落してみればそれほどの事でも無かったかのように

あれだけ欲しかった休日も、一人で過ごす時間にふと寂しささえ感じてしまい

出会った大勢の皆さんは、今何をしているのかなぁなんて、想いを馳せたり

一杯一杯で右往左往し、震える足で仕事をしてた自分に苦笑し

もっと、もっと、遊びたかったし(仕事で)

何よりももっと感謝の気持ちを伝える事が出来ただろうにと

悔やんだり、悩んだり

それでいて、かつての慌ただしさが懐かしく焦がれような

ごった煮状態の心中なのですが


旭川、山形、富山、浜松、春日井、茨木、福岡、熊本、鹿児島…

わずかな滞在期間に濃縮した時間があって、感謝の出会いばかりでした

本当に、お世話になりました



正直な気持ちを、本音を言えばですが、重圧に耐えきれずに緊張しっぱなしの数ヶ月でしたし

一人になると隅っこの方でイライラしてくる短気を抑え、ドキドキしてくるノミの心臓を隠し続けて、極力笑顔でいようとするあまり、かえって意味も無くヘラヘラしてしまっているかのようで、複雑怪奇な自分であったようにも思えます(笑)

でも終わってみれば、なんでそんなにも混濁した心持ちだったのかと

今はけろっとして、他人事のように思えてしまう所もあって

清々しく、またお仕事をご一緒にしたいなぁなどと、思っているのですから

人間、節操が無いと申しましょうか、図々しいと申しましょうか

あっけらかんなもんです

でも、この感情の変化には理由があって

出会った皆さんが素晴らしい人達で、何よりも一生懸命だった皆さんに

僕自身が感化され、影響を受けて、変わってゆけたと思うんです

勿論全員じゃないですよ、ごく一部にはどうしても受け入れられない人もいましたが…(笑笑)

そのごく一部の人との出会いも含めてですが、なんだか非常に想い深く貴重な時間でした



極端で強引な言い方ですが、生きていればいろんな事があって、

困難や辛い事があって

それをひとつ乗り越えれば

新たにもっと困難な事や辛い事が待っていたりします

この連鎖はこの先ずっと続いていくのですが、そんな事は分かっちゃいますが

必ず、そういう時はやってくるもんです

『時の流れ』の憲(劇団員)のブログを読みましたが

そういう時に直面し、それを乗り越えようとする気持ちになるのは、もしかしたら

乗り越えるように、その時に、誰かに、仕組まれているものなのかもしれません

え?一体誰に?

そんな事は一生分からんでも、いいでしょうし

そんな勝手でご都合主義な人を人は、『M』と呼ぼうが『馬鹿』と呼ぼうが

そんな事も一生気にしなくて、いいでしょう

立ち向かおうとする、その前向きになる気持ちは

常日頃、周りの人達から分けて頂いているものなのですから



新しい局面に至って、感謝の気持ちが残ってさえいれば

また、更なる局面を迎えても恐れずにいれる

どんな時でも、周りに助けられている

じじ臭いようですが、身にしみて実感しています。





























| - | 15:43 | comments(0) | - | pookmark |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Links
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM