<< 『黒鉄さん…』その弐 | main |

『黒鉄さん…』最終回

『黒鉄さんの方位磁石』の公演から1ヶ月経ってしまいました。
ってことは、後11ヶ月で次回公演の本番ってことです。
すでに、胸中、焦っています…

次回の公演は何を書こうか、どんな内容にしようか、
いろいろと模索しているのですが、次の作品に本腰入れて向かう為に
今回で『黒鉄さんの方位磁石』に関しては最終回とします。

台本を書くって事は、妄想の世界に入るって事なので
日常の生活に、様々な支障や弊害が起こります。
簡単な例えだと

・電車に乗っていて考え出すと、最寄駅で降りられなくなる。
・換気扇を二時間くらい見続ける。
・眠れなくなる。

あれやこれやが常時頭の中を巡っていくので、時間の観点がなくなってゆきます。
日付や曜日感覚がなくなるので、ゴミ出しや銀行振込など、
気をつけないと、信頼をなくす恐れがあります。
自分で自分の事がもっとも信用できなくなりますので、
付箋やメモなどあちこちにたくさん貼り付けます。そのため、
デスク回りの壁やPCがカラフルな熱帯地方に生息する鳥のようになります。

でも、良き点もあります。

・花粉症の症状が出ません。(家からあまり出ませんので)
・窓から見えるケヤキの木の葉に季節を感じて、愛おしく思う。
・取材という名の旅に出ます。

一番の楽しみでもあります取材の旅。
台本を書くにあたって、リサーチしませんといけませんからね。
実際に見て触れるは大切ですからね。
あくまで、お仕事の一環ですからね。


空の転車台


石炭の山

転車台のSL

C108

天竜川の鉄橋

『黒鉄さんの方位磁石』を書くにあたって、取り上げたいテーマを三つ決めていました。
『認知症』『戦争』『東京五輪』です。
今年は戦後70年です。国会では集団的自衛権が盛んに叫ばれ、そして5年後に二回目の東京五輪を控えています。
そんな現代に、認知症の方の徘徊など高齢化社会特有のニュースも目立っています。

昭和に焦点を当てたお話は、郷愁を誘いますが
痴呆に焦点を当てますと、人によってはあまりにも身近過ぎて、
物語に入り込めないかもと、承知していました。
忘れてははならない事と、忘れてゆく事。
変わっていけない事や、変わってゆく事。
とある『痴呆症』の本に「痴呆症とは自尊心をなくしてゆく事」と書かれていました。
とある『戦争』の本に「敗戦で自尊心をなくした国民は、東京五輪によって再び誇りを取り戻した」と書かれていました。
台本と向かい合いながら、様々な想いが交錯し分岐してゆきました。

AUNの皆さんと出会い、登場人物が生まれました。
生まれ育った故郷の歴史や、家族や親族身内の話も参考にしました。
実際に乗車した蒸気機関車は力強く客車を牽引して、今も現役です。

出会ったものを一つ一つ切り貼りしながら繋げてゆくのが
台本を書くって事かもしれません。
自分で言うのも変ですが
『黒鉄さんの方位磁石』が書けて本当によかったです。

ドリフのいかりや長さんが頭のなかで言いました。
「次いってみよう!」
「…」
何も答えない高木ブーさんもいます。(偉大です)

次回は一体どんなお話になるのやら。











 
| 演劇 | 14:00 | comments(0) | - | pookmark |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Links
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM